アロマドロップ式とアロマランプ式の違い

Home / アロマドロップ式とアロマランプ式の違い
0 Posts

アロマディフューザーの種類は大きく分けると4種類に分類され、それぞれメリットとデメリットがあります。

その特徴について知り、どれを選べばいいのか参考にして下さい。

部屋で香りを満喫したいという人にはアロマドロップ式がお勧めです。水も熱も使わずに内臓ポンプの働きで気化させるためにアロマ成分が薄まらずに香りを堪能する事ができます。

香りそのものを楽しみたいのならアロマドロップ式を選びましょう。

ただ大きな部屋ならいいのですが、小さな部屋だと香りが強すぎるみたいです。そしてデメリットはオイル原液をたっぷり使用するので消費量が多いという点です。

アロマランプ好きは電球の熱で香りを拡散させます。ランプとしての機能も備わっているので間接照明として使用する事もできるでしょう。

アロマポットは水を火を使うため部屋で間違って倒してしまった時に大惨事になってしまう恐れがあります。

ただ香りがほのかに漂うのであまり香りが強すぎるのは苦手という人にお勧めです。

またキャンドルでキャリアオイルを溶かしてクリームや香り袋を作るなどアロマを自分のオリジナルな使い方ができるのが魅力です。

アロマディフューザーは今一番主流になっています。超音波でミスト状にして部屋全体に拡散させる事ができます。

他と比べて手軽で扱いやすい、コストパフォーマンスがいいという点で明気が出たのでしょう。